薬剤部

コメディカルトップ > 薬剤部 > チーム医療参画

チーム医療参画

1. 感染症対策チーム(ICT)

感染症対策チーム(ICT) 薬剤師も参加するICTラウンド
薬剤師も参加するICTラウンド

感染対策委員会の実働部隊としてICTが組織され、薬剤師の他、医師、看護師、検査技師、リハビリテーション技士、管理栄養士などで構成されていて、週1回木曜日の午後から院内ラウンドを行っています。

主に、院内の感染対策が適切に実施されているかの確認、1週間の抗生剤使用リストを元に薬物療法が適切に行われているかの確認を行い、必要に応じて抗生剤カンファレンスを行います。

また、月1回の定例会議では、全抗生剤の使用量のモニタリング、特定抗生剤の使用状況調査、有害事象が発生した症例などの情報を薬剤師が報告します。さらに、院内採用の抗生剤選定、抗生剤適正使用のガイドライン作成、消毒剤の選定、手指衛生の教育なども、薬剤師が中心になって行います。

2. 栄養管理チーム(NST)

薬剤師の他、管理栄養士を中心に、医師、検査技師、リハビリテーション技士などで構成されていて、週2回火曜日と木曜日の午後から院内ラウンドを行っています。

主に、入院患者について、栄養状態を把握するためのラウンドと、改善するためのカンファレンスを行います。

また、月1回の定例会議では、院内で使用する栄養剤や治療食の選定や、投与方法などの検討、味や使いやすさの検証なども行っています。その他、褥瘡治療チームと協力した活動も行っています。

3. ガン化学療法チーム

薬剤師の他、医師、看護師、事務などで構成されていて、ガン化学療法の運用全般を管理しています。

当院では主に徳洲会グループが選定した統一レジュメンに基づいてガン化学療法を行っていますが、それ以外にも必要に応じて院内オリジナルのレジュメンを使用する場合があり、その妥当性、安全性、経済性を評価する審査を行っています。

また、薬剤師は、抗がん剤の選定、ミキシング資材の選定、安全なガン化学療法を行うための環境整備やスタッフ教育にも深く関わっています。

4. 人工呼吸器管理チーム(RST)

薬剤師の他、医師、看護師、臨床工学技士、リハビリテーション技士などで組織され、週1回金曜日の午後から院内ラウンドを行ってます。主に、人工呼吸器を装着した患者について、適切な機器の管理方法や薬物療法の確認、感染症対策などのラウンドとカンファレンスを行っています。

5. 医療安全推進チーム

薬剤師の他、医師、看護師をはじめ全ての職種で組織され、月1回金曜日に1日をかけて病院中をラウンドします。

主に、患者管理、医療機器取り扱い、環境整備などにおいて、安全性が保たれているかを検証します。また、月1回の定例会議で、ヒヤリハットやアクシデントのレベル評価と、これらに対する再発予防策を検討します。

このページの先頭