医療法人 沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 医療活動

医師サイトトップ > 医療活動 > 災害医療活動

災害医療活動

特定非営利活動法人TMAT(徳洲会医療協力隊)は、世界の人々の生命と健康を守るため、医療・災害支援・教育などの総合的な医療支援を各国政府やNGO、地域団体と協力しながら活動しているNOP団体です。

1995年1月の阪神・淡路大震災で徳洲会グループの医師らが中心となり、ボランティアグループとして救援活動を始めたのがきっかけで発足したTDMAT(徳洲会災害医療救援隊)。その後、TDMATの災害医療救援活動は国内だけにとどまらず、国境を越えた医療支援を実現し、世界医療の向上にむけて活動を行ってきました。


2005年7月、「特定非営利活動法人TMAT」としてNPO法人を創立。「生命だけは平等だ」の理念の下で、災害医療救援活動、また医療技術支援活動などを通して、よりよい医療を世界中の人たちが受けられるように、迅速かつ継続的なサポートを行っています。

徳洲会の災害医療活動


このページの先頭