がん登録

がん登録

がん登録とは

全国がん登録とは

「全国がん登録」とは、日本でがんと診断されたすべての人のデータを国で一つにまとめて集計・分析・管理する仕組みで、2016年1月に開始されました。2016年1月以降、全ての病院と一部の診療所でがんと診断・治療された患者が登録対象となっており、「がん登録等の推進に関する法律」に基づいています。

院内がん登録とは

院内がん登録とは、「病院において医療の状況を的確に把握するため、当該病院におけるがん患者について、全国がん登録情報よりも詳細な治療の状況を含む情報を収集し、院内がん登録データーベースに記録し、及び保存すること」とされています(院内がん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示号)より)。

当院では、全国がん登録よりもより詳細な院内がん登録を行っています。登録したデータは国立研究開発法人国立がん研究センターが実施する全国集計・予後調査(生存確認調査)・QI研究等へ情報提供し協力しています。個人情報の利用は個人情報保護法に基づき適正に管理していますが、情報提供に同意いただけない場合は、診療情報管理室までお申し出ください。お申し出がない限り同意をいただかずに取り扱いさせていただきますのでご了承ください。

当院実績 「沖縄県院内がん登録集計報告書 2019年症例」より

院内がん登録件数の推移と男女比

2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
合計 549 604 632 687 731
男性 382 401 408 485 474
女性 167 203 224 202 257
グラフ-院内がん登録件数の推移と男女比

2019年は731件の登録がありました。性別でみると男性が474件、女性が257件で6:4の割合で男性が多いことがわかります。

部位別(2019年上位部位)

2017年 2018年 2019年
前立腺 118 0 118 138 0 138 138 0 138
結腸 54 31 85 67 23 90 60 40 100
50 14 64 38 20 58 57 24 81
乳房 0 52 52 0 46 46 0 59 59
腎・その他の尿路系 26 16 42 37 8 45 35 18 53
直腸 31 9 40 32 15 47 32 18 50
30 14 44 42 12 54 26 9 35
膀胱 21 11 32 31 5 36 26 8 34
グラフ-部位別(2019年上位部位)

登録件数を部位別でみると、男性では前立腺、結腸、肺が多く、女性では乳房、結腸、肺の順となっています。

当院への来院経路

2019年
自主的受診 210 (29%)
他施設からの紹介 304 (42%)
他疾患経過観察中 206 (28%)
その他 11 (2%)
不明 0 (0%)
合計 731件 (100%)
グラフ-当院への来院経路

来院経路でみると、自主的に自施設を選択して来院した「自主的受診」が29%、「他施設からの紹介」が42%、自施設で他疾患の経過観察中にがんと診断された「他疾患経過観察中」(自施設の検診部門からの紹介含む)が28%となっています。

がんの発見経緯

2019年
検診・健診・人間ドック 148 (20%)
他疾患経過観察中 190 (26%)
剖検発見(Ai含む) 0 (0%)
その他 383 (52%)
不明 10 (1%)
合計 731件 (100%)
グラフ-がんの発見経緯

「がん」と診断されるきっかけとなった状況は「検診・健診・人間ドック」が20%、「他疾患経過観察中」が26%、自覚症状があり受診した「その他」が52%となっています。

症例区分

2019年
診断のみ 76 (10.4%)
自施設診断・
自施設初回治療開始
541 (74.7%)
自施設診断・
自施設初回治療継続
4 (0.5%)
他施設診断・
自施設初回治療開始
66 (9%)
他施設診断・
自施設初回治療継続
16 (2.2%)
初回治療終了後 28 (3.8%)
合計 731件 (100%)
グラフ-症例区分

症例区分は、がん患者さんの診断および治療について、当院がどのように関係したかがわかります。
「診断のみ」が10.4%、「初回治療終了後」が3.8%で、約86%の方が当院で何らかの「初回治療」が行われています。

ページの先頭へ