健康管理センター

健康管理センター

特定健診・特定保険指導

特定健診(メタボリック検診)・保健指導のご案内

2008年度からは「生活習慣病予防」のために特定健診・特定保健指導を受けましょう!!

平成20年度より、「特定健診」とそれに伴う「特定保健指導」が保険者(健康保険証発行元)の義務化となります。これは、糖尿病・メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の生活習慣病有病者・予備軍を減少させることを目的としています。

現在、当センターでは、健診結果に基づいた成果が出せるような「特定健診」「保健指導」を実施できるように準備を進めています。

目的

1.医療費の適正化のための政策
肥満や糖尿病の病状が進行し。様々な合併症(失明、腎不全による透析など)を発症した際、高額な医療費が発生する。
⇒ 予防改善することで、医療費の適正化を行う。
2.皆様が健康で健やかな生活を送れるように、生活習慣病を予防すること
現在生活習慣病のがん・心臓病・脳卒中で死亡される方が増えてきています。
⇒ 高血圧・高コレステロール・糖尿病・喫煙等の危険因子を予防することで生活習慣病を予防する。

対象者

40歳以上75歳未満の医療保険加入者

ページの先頭へ