診療科案内

診療科案内

循環器内科

循環器内科のご案内

当科の診療の特色

患者様の訴える症状から病気の種類を絞込み、狭心症、心筋梗塞等の虚血性心臓病の診断、治療を柱としています。
不安定狭心症や、急性心筋梗塞等に対する緊急心臓カテーテル検査は24時間対応可能です。

現在320列MDCTが導入され、64列MDCTと比較して画質の向上、アーチファクトの軽減、検査時間の短縮、造影剤の減量、被爆の軽減等のメリットがあります。虚血性心臓病の診断において今まで以上に短時間、低侵襲で正確な診断が期待できます。また、検査数の増加が可能となるため、より多くの患者様の要求に対応できると思われます。

また、ロータブレーターの認定施設であり、虚血性心臓病の治療におきましてはバルーン不通過、拡張困難な硬い病変に対してダイアモンドのついたドリルで病変を切削いたします。これを用いるといままで以上に治療の幅が広がります。

その他、不整脈、心不全の治療にも治療にも力を入れております。不整脈は大城力、野村悠で不整脈専門外来、カテーテルアブレーション、ペースメーカー、植え込み型除細動器 (ICD)、両心室ペースメーカー (CRT-D)を担当しています。

虚血性心臓病の原因である高血圧、脂質異常症、糖尿病等についても対応しています。
虚血性心臓病、大動脈疾患、抹消動脈疾患、弁膜症等で手術が必要な疾患については心臓血管外科と連携して診療しています。

当科の診療の特色

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全、心筋疾患、弁膜症、高血圧、大動脈疾患、末梢動脈疾患等

診療内容

心電図、心エコー (経胸壁、経食道)、ホルター心電図、運動負荷心電図、心筋シンチグラム、心臓CT、心臓MRI、心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的四肢血管拡張術、経皮的腎動脈形成術、血管内超音波、心臓電気生理検査、ペースメーカー移植術、大動脈バルーンポンプ、経皮的人工心肺装置

診療実績

2016年 2017年 2018年
心臓カテーテル検査 (冠動脈造影) 753件 932件 971件
心臓超音波検査 (心エコー) 9,267件 10,389件 11,010件
冠動脈MD-CT (3DーCT) 637件 641件 629件
心筋シンチ合計 61件 77件 103件
経皮的冠動脈形成術 (カテーテル治療)  309件 336件 290件
カテーテルアブレーション
(不整脈に対するカテーテル治療)
248件 265件 275件
ペースメーカー(新規) 27件 44件 37件
ペースメーカー(交換) 11件 12件 4件
植込み型除細動器(ICD) 8件 17件 7件
両室ペーシング機能付き
植込み型除細動器(CRT-D)
2件 4件 7件

専攻医募集

新専門医制度に関して、当院では内科専門研修プログラムが一次審査を通過しており、2019年度よりプログラム開始予定です。

診療研修コース 内科専門研修プログラム (予定) プログラム (予定)
お問い合わせ こちらからお問い合わせください。

ページの先頭へ