診療科案内

診療科案内

歯科口腔外科

歯科口腔外科のご案内

科長あいさつと当科の診療の特色

口腔外科とは、虫歯や歯周病治療といった一般歯科治療ではなく、口の中に発生するいろいろな疾患に対応する診療科です。

また口の中だけにかぎらず、あごの骨(顎骨)あごの関節(顎関節)、唾液をつくる腺(唾液腺)やその周りの疾患を治療対象としています。
全身疾患と関連のある口のなかに生じる疾患、あるいは有病者(何らかの病気を持っている方:心臓疾患、高血圧、糖尿病、腎透析を受けている方など)の治療などを行っています。

口腔外科で取り扱う疾患は智歯(親知らず)など歯が原因で歯肉やあごがはれる炎症、交通事故や転倒などにより、歯の破折や口の中の裂傷、あごの骨折などの外傷、口の粘膜などに発生する良性および悪性腫瘍、あごの中や軟組織にできる嚢胞、口腔粘膜疾患顎関節症、口の中に症状を表す全身疾患(血液疾患、膠原病など)など多種多様です。

そのため一般開業歯科医院では対応困難な有病者や院内各科からの紹介患者様を対象に行っており、紹介患者が多いのが当科の特徴です。

また、最近では、病棟入院患者様の外科手術後の術後合併症予防や誤嚥性肺炎予防のため口腔ケアを積極的に行っています。

また当科は、琉球大学付属病院の関連病院であり、難症例は、琉球大学付属病院歯科口腔外科と連携しながら治療にあたっております。

歯科口腔外科医長
比嘉 優

ページの先頭へ