診療科案内

診療科案内

在宅・緩和ケア科

訪問診療

通院が難しくなった時、がんの治療が続けられなくなった時、できるだけ自宅で過ごしたい場合、医師・看護師がご自宅に伺う訪問診療を受けることができます。
最後まで、ご自宅で症状を緩和する治療を継続することが可能です。
近年は、新型コロナ感染症の影響で入院中の面会が制限され、大切な時間を家族と過ごせなくなっているため、とくに訪問診療を希望される方が増えています。
ちゅうとく訪問看護ステーション他、近隣の訪問看護ステーションと提携していますので、24時間対応が可能です。「退院するのが心配」という方でも、ご自宅で不安なく過ごせるような診療を行います。

緩和ケアチーム

がんの患者様やご家族が、つらい症状や問題を抱えたままでは治療に専念できません。日々の生活を楽しく過ごせなくなります。
強い痛み、息苦しい、眠れない、不安などの症状や、経済面での問題などに対して、専門的な知識をもった医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーなど多職種のチームで支援していきます。
とくに痛みに関しては「麻薬の使用は最小限で痛みをとる」ことを目標に、早い段階から積極的な痛みの治療を提案いたします。

医師紹介

服部 政治 統合麻酔診療部 統括部長 
立花 潤子 在宅・緩和ケア科 疼痛治療科 副部長

「病院より家がいい」「痛みだけはないようにしてほしい」「苦しんでいる姿を家族に見せたくない」と話される方がほとんどです。当院では訪問診療を疼痛治療科が担当します。
私たちは『がんの痛み』の治療を専門としていますので、自宅でも入院中と変わらない痛みの治療・苦痛を軽減する治療を積極的に行います。もちろん、その他の慢性的な病気にも対応しています。
ご自宅でご家族と大切な時間を過ごせるような診療を心がけています。

指導・専門・認定 日本ペインクリニック学会専門医、日本麻酔科学会認定医、 日本癌治療認定機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医

お電話でのお問い合わせ

外来診療や入院に関するご質問は「患者さま専用ダイヤル」までお問い合わせください。
ご予約済みの患者様で、予約日時の変更をご希望の方は「予約変更専用ダイヤル」をご利用ください。

電話番号のお掛け間違いにご注意ください。

ページの先頭へ