診療科案内

診療科案内

血液内科

血液内科のご案内

科長あいさつ

私たちの体の中に流れている血液の中には赤血球・白血球・血小板という3種類の血液細胞があります。赤血球は「酸素の運搬」、白血球は「外的からの守り」、血小板は「止血」をそれぞれ担当しています。これらの血液細胞が増えたり、減ったり、何らかの異常が起こってしまった際に、診断・治療を行うのが血液内科となります。

血液内科医長
轟 純平

当科の診療の特色

当科では、急性白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など血液悪性腫瘍を中心に治療を行っております。

入院では最新の化学療法を行うとともに、外来でも専用の化学療法室を設け、化学療法認定看護師とともに快適で安全な治療を行っており、患者様のライフスタイルをできる限り尊重した治療を心がけております。

また、造血幹細胞移植が必要な患者様には、琉球大学附属病院やハートライフ病院を中心に、県内外の移植のできる施設に紹介をしています。県内の血液内科の先生方の協力をいただきながら、患者様に対してよりよい治療を行えるよう心がけております。

主な対象疾患と診療内容

  • 急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など血液悪性腫瘍に対する各種化学療法。
  • 骨髄異形成症候群や再生不良性貧血などの貧血に対する各種化学療法・免疫療法。
  • 特発性血小板減少性紫斑病などの血小板減少症に対する各種免疫療法。

外来診療のお知らせ

水曜日に診療を行っています。現在は連携室(098-931-1070)を通した紹介のみとさせていただいてます。

木曜日には琉大から先生をお招きし外来診療を行っています。新患は受付を行っていません。

ページの先頭へ