診療科案内

診療科案内

疼痛治療科

医師紹介

服部 政治 統括部長

がんの痛みは鎮痛薬だけでは取れないことがあります。
我々はペインクリニックの技術を駆使して痛みの治療に取り組みます。痛みはがまんせず治療する方法:神経ブロック療法や脊髄鎮痛法があります。がんの治療と並行して痛みを治療していきましょう。

学会 日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本緩和医療学会、日本がん サポーティブケア学会、IASP(国際疼痛学会)、MASCC、IARS、APS
指導・専門・認定 日本麻酔科学会専門医、日本ペインクリニック学会専門医
出身大学 大分大学
前 知子 部長

がんの痛みを我慢していませんか?痛みのために、眠れなかったり食欲がない時間が続くと体力も気力も落ちてしまいます。一般的な鎮痛薬で対応できない痛みや副作用が強くて鎮痛薬が続けられないとき、ペインクリニックの技術が有効な場合があります。今使っている鎮痛薬の量を減らすことができる場合もあります。ぜひご相談ください。

学会 日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本緩和医療学会、日本慢性疼痛学会、日本区域麻酔学会、日本がんサポーティブケア学会、IASP(国際疼痛学会)、ASA(アメリカ麻酔学会)、IARS
指導・専門・認定 日本麻酔科学会指導医・専門医、日本ペインクリニック学会専門医
出身大学 東京女子医科大学
立花 潤子 副部長

がんの痛みの治療は、麻薬の内服や点滴が一般的ですが、神経ブロックなどのペインクリニック治療が有効な痛みもあります。痛みが続くと日常の何気ない動作でさえ大変つらくなってしまいます。痛みがとりにくい場合、麻薬の副作用が強い場合にはペインクリニック治療の適応があるかもしれません。まずは主治医までご相談ください。

学会 日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本がんサポーティブケア学会、、IASP(国際疼痛学会)
指導・専門・認定 日本麻酔科学会認定医、日本がん治療認定機構がん治療認定医
出身大学 東京女子医科大学

ページの先頭へ