臨床試験部

臨床試験部

臨床研究

臨床研究への協力に関するお願い

中部徳洲会病院 院長

臨床研究とは人を対象として行われる医学研究のことで、病気の経過や原因を明らかにして診断や治療方法の改善、患者さんの生活の質の向上を目的として行われます。現在の診断や治療方法もこれまでの数多くの診療実績と臨床研究からできており、今後もさらに安全かつ質の高い医療を行っていくためには臨床研究が不可欠と考えます。

そこで、当院では患者さんより通常診療で取得した試料(血液・尿・組織)や情報(診療情報)を、医療機関としてだけはなく教育研究機関として臨床研究に利用させていただきたいと思います。患者さんのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。また、当院で行っております臨床研究はすべて徳洲会グループ共同倫理審査委員会において承認されており、研究結果の公表にあたっては個人を特定できるような情報はすべて伏せられ、プライバシーは完全に守られます。

試料・情報を用いた臨床研究に関してはホームページ上で公開しておりますので、個々の研究内容についてはホームページをご覧ください。

ご自身の診療データを研究に使用して欲しくないという場合はその旨お申し出ください。その場合は申し出のあった患者さんの診療情報を除外した上で研究を行います。また、拒否された場合でも診療上の不利益を受けることは全くありません。

臨床研究に関するお問い合わせ連絡先
臨床試験部:098-923-2529

患者様へのお知らせ

中部徳洲会病院 院長

当院内科で実施しています臨床研究において、予期できない重篤な有害事象が発生しましたのでお知らせいたします。

研究課題名:ハイリスク糖尿病患者におけるエンパグリフロジンの血管内皮機能に対する効果―多施設プラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験―(EMBLEM trial)

*「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規程では、このような重篤な有害事象が発生した場合には、発生した有害事象の情報を公表することが求められております。

ページの先頭へ